復縁後の心構え再び破局を迎えないために

復縁後の心構え再び破局を迎えないために

別れた相手とよりを戻したい!
そう望んで努力し、見事復縁に成功したカップルは大勢います。
一度別れた経験は、お互いの大切さを身に染みて知る機会でもあります。
別れたことて知った相手の存在の大きさ。大切さ。

 

復縁後は幸せに穏やかに暮らしているカップルはたくさんいます。

 

しかし、中には再び別れてしまうカップルもいます。

 

再び別れてしまうカップルを観察してみると、ある特徴があることが解りました。

  • 復縁出来たことで気が緩んでしまい、復縁出来たことも当たり前だと捉えている
  • 前回の別れから何も学んでいない場合 例)反省点、改善点

 

復縁後幸せに暮らしていくためには、どんな事に気をつけなければいけないのでしょうか?
復縁後のコミュニケーションについてお話していきましょう。

 

 

復縁後のコミュニケーション

 

1.喧嘩の原因となった事は改善する

別れる前に二人が喧嘩していた原因を思い出してください。
タバコ、お酒、ギャンブル、異性関係など、どんな些細なことでも結構です。
相手からイヤだから止めて欲しいと言われて喧嘩したならば、改善しましょう。

 

二度と同じことで喧嘩をしないようにするのです。

 

ただ、お酒やたばこなどの嗜好品は止めることが難しい人もいます。

 

現在もまだ止められないでいる方は、復縁する前に相手にきちんと話をしておきましょう。相手に承諾してもらった上でなら、復縁後に喧嘩になることもないでしょう。

 

あなたが止められないことを告げられる側にたったとしても、感情的に頭ごなしに物言わず、以前よりもっと柔軟に対応することが大切です。

 

ここで勘違いしないで欲しいことがあります。
決して全て相手の言う通りにしなさいということではありません。
例えばあなたの好きなファッションや趣味、生き方などについて

 

「イヤだから変えて」と言われたとしたら、あなたらしさを否定されていることになります。

 

恋愛は、自分の思い通りに相手を征服することではありません。
自分らしさは個性であり、本人の自由です。

 

お互いがお互いの個性を大切にし、更にはお互いに少しずつ歩みより、理解し合う事が大切なのです。

 

喧嘩して興奮すると、言わなくてもいい事まで口に出してしまいがちです。
復縁したら、喧嘩する前に細かなことまで話し合う。
二人の関係は二人で作っていくという意識が大切です。

 

 

2.本音を言い合う

言わなくてもいいことまでいってしまう喧嘩もありますが、その反対に本音を一切見せない関係もあります。
喧嘩すら出来ないカップル。
お互いに本音も言わず、会話は当たり障りないことばかり。

 

しかし、これではお互いの本質が見えず、別れてしまうのは時間の問題です。

 

過去の付き合いの時に、多少なりとも自分を演じていたと思われる方は、復縁後は本音で話すことを心がけましょう。

 

演じたり、溜めこみすぎるといつか爆発します。
「言わなくてもわかるでしょう?」と思われるかもしれませんが言葉にしなければきちんと伝わりません。

 

相手と向き合ってお互いに本音で語り合うことは、二人の絆を深めることになります。

 

もちろん、感情的になったり、相手を傷つけるような言葉は禁物です。

 

 

3.過去の事を持ちださない

一度別れたとはいえ、付き合っていた二人ですから他人よりずっとお互いの事がわかっています。
復縁したカップルが注意したいのが、この「お互いの事がわかっている」という自信。

 

あなたが知っているのは、過去の相手であることを忘れないでください。

 

一度別れたことで、お互いに人として成長しているかもしれません。
性格や考え方など変わっていることもあります。

 

それなのに、以前と同じように錯覚して過去の事を持ち出すようなことは禁物です。

 

例)
「いつも遅刻するから、遅刻しないでね」
「いつもすぐにメールの返信をしないけど、メールしたらすぐに返信してね」

 

これは相手が過去と同じだと決めつけています。

 

あなた自身も別れたことで自分を振り返る時間があったはずです。
そして、自分では気がつかないかもしれませんが、多少なりとも変化したはずです。
相手の方も同じです。

 

一度交際していたからと言って、なんでもかんでも「知っている」と決めつけないこと。

 

復縁はゼロからのスタートだと考え、改めて今のお互いを1から見つめ直しましょう。

 

 

4.別れていた時期の事は詮索しない

別れていた時期に、お互いに何があったのか、別の人と恋愛をしていたのか…など、詮索することは禁物です。
もしかしたら、その間に別の人と恋愛していたかもしれません。
しかし、そこを詮索したところで、お互いに気分いいでしょうか?

 

聞いた方は嫉妬し、聞かれた方はバツが悪く、お互いにいい気持ちはしないでしょう。

 

別れていた時期よりも「今」「これから」が大切なのです。
過去に拘り、振り回されるよりも今目の前にいる復縁出来た相手に感謝してください。
以前よりもっと歩み寄る気持ちが大切です。

 

別れていた時期の事は、お互いに目をつむり触れないことが優しさです。
相手の事が好きなのであれば、出来るはずです。

 

お互いに配慮し、お互いのいいところを生かし、伸ばし合うことが出来ればいいですよね?

 

復縁したカップルは、別れの経験を学んで絆をより深めることが出来るはず。
絆を深めて、しあわせな二人の関係を作っていきましょう。

復縁体験談