復縁後気を付ける恋人との付き合い方

復縁後気を付ける恋人との付き合い方

一度別れた後に復縁したカップルは結婚するケースが多いのが特徴です。
別れを経験したことにより、自分を振り返り、反省し改善し、もう二度と同じ失敗はしないと学んだからでしょう。
同時に、相手の存在の大切さを身に染みて感じたことで、以前より「大切にしよう」と思うからではないでしょうか。

 

では、復縁後に幸せをつかんだカップルたちは、どんな事に気をつけているのでしょうか。
実際に復縁したカップルを取材してみました。

 

復縁後に気をつけている事

 

1.喧嘩をしたらその日のうちに仲直りする

喧嘩やトラブルから一度別れた二人。
「喧嘩するのは仲がいい証拠」なんていう言葉がありますが、確かにしょっちゅう喧嘩しているのに仲がいいカップルもいるでしょう。

 

しかし、復縁後にも別れる前と同じことを繰り返していては、同じ結果を招いてしまうことになります。

 

喧嘩というのは、時間が経てば経つ程謝るタイミングを失ってしまうもの。
その日の内に仲直りするようにしまょう。

 

 

2.二人の時間を癒しの場にする

売り言葉に買い言葉という言葉がありますが、
細かいことに張りあって、喧嘩にならなくても、相手を傷つけたり、不快にするような言動は避けましょう。

 

一度別れた二人ですから、相手がどんなことをすればイヤだと感じるのか、わかっているはずです。

 

相手に求めるだけでなく、自分自信も改善するように努力しましょう。

 

もし、どうしても改善出来ないものがあれば、正直に相手に話しをしておきましょう。
どんな事でも本音で話し合える関係は、二人にとって心地よい癒しの時間となるはずです。

 

 

3.相手と戦わない

どちらが上か下か、どちらが正しいか正しくないか、どちらが勝ちか負けか…
相手と戦っている間は、何かにつけて喧嘩になってしまいます。

 

二人の間に戦いがあると、意地を張りあったり、駆け引きして相手の反応を観察したりしてしまうことになります。

 

恋人は「この人に負けられない」「この人に勝たなければ」という相手ではないのです。
二人で作り上げていくものです。
夫婦となったら尚更です。
二人が戦っていたらいい家庭なんて作ることは出来ないでしょう。

 

どちらかいい悪いではなく、二人でお互いを支えあって、相手の欠点は自分がカバーする位の優しさが必要です。

 

いかがですか?
別れを乗り越えて復縁する二人だから、二度と同じ失敗をしない。
そのために過去の事を反省し、お互いを認めながら歩み寄っていきましょう。

復縁体験談