別れの経験を生かす

恋人との別れの経験を生かす

あなたは恋人との別れを経験して、どんな気持ちになりましたか?
彼の事ばかり思い出しては茫然としてしまう…
何に対してもやる気がなくなってしまった…
この世の終わりと思えるほど落ち込んだ…
眠れない、食べれないor過食を繰り返す日々…

 

別れとは辛く切ないもの。

 

しかし、「失恋」という経験を辛く悲しいだけで終わらせてはいけません。
傷ついたからこそ、磨かれるものがあるのです。
ダイヤモンドの宝石だって、傷つけて擦ってこそ、あれだけの輝きを放つのです。
あなたが今別れの傷から立ち直れないままでいるとしたら、勿体ないです。
辛いかもしれませんが、少しずつでも自分を癒す努力をしてほしいのです。

 

 

自分を癒す方法

 

1.眠りにつく前は楽しいことを想像する

夜、布団に入った後で考えることは楽しいことにしたいもの。
布団の中で別れや失恋を考え始めると、とめどなく悪いことばかり考え巡らせてしまいがちです。

 

別れた寂しさや、今日一日あったイヤな事ではなく、良かったこと、嬉しいことを考えましょう。

 

毎日毎日、どんな些細なことでもいいのです。
今日一日の中で楽しかった、嬉しかったと思う事を書き出して見ましょう。

 

そして、眠りにつく時には「明日はもっと楽しく嬉しいことがある」と考えるようにするのです。

 

心地良い眠りは身体も心も癒す大切な時間です。

 

2.やってみたい事リストを作成し、実行する

誰にでも前々から興味があったり、やってみたいと思っていたけれど、出来なかったことがあるはずです。

 

失恋した今だからこそ、恋人との時間に取られ、出来なかったことをするチャンスです。

 

趣味や習い事、スポーツで汗を流す、本や映画、ショッピングなど。
スキルアップのための勉強や資格取得などもいいでしょう。

 

3.泣きたい時は思いっきり泣く

近年、雑誌や本、テレビなどでもポジティブシンキングが良いものとされる風潮があります。
なんでもかんでも前向きになれと言われても、そんな気分になれない時だってあるはず。

 

失恋の痛みを抱える時期も無理やり笑って紛らわせた所で、痛みは癒されません。

 

癒されないどころか、ますます深い傷になってしまうことだってあります。
泣きたくなったら、我慢しないで思いっきり泣いてください。
泣いて泣いて泣いたら、後はスッキリするはずです。

 

4.生まれ変わる

失恋は、ある意味生まれ変わるチャンスと言えます。
生まれ変わるというのは、内面の考え方や価値観だけでなく、外見にも言えます。

 

思いきって今までチャレンジしたこともないような髪型や服装、メイクに挑戦してみるのもいいでしょう。

 

新たな自分を発見し、気分が変わるはずです。
お洒落に興味を持ち始めたら、自然と自信もつき、気持ちも前向きになっていきます。

 

5.言えないことは書く

失恋を引きずってもんもんとしている自分がいる。
吐き出したいけれど、家族にも友達にもこんなこと言えない…
言えないことがある場合、言えないことがあなたを失恋に縛り付けています。

 

話が出来る相手がいない場合は、ノートや便せんに想うことを書き綴ってみてください。

 

どんなに汚い言葉でも構いません。
あなたの気が済むまで、思っていることを書き出してみるのです。
これは何度でも行っていいです。

 

ある時、自分の書いた文章を読み返してみると、自分を客観視している自分に気がつく時がきます。

 

反省点や改善点などを自分の目で発見することが出来るのです。
反省点が見つかるからこそ、今後の改善点も見出せる。
改善するということは、未来に向かうということです。

 

自分を客観視できるようになったら、書き出した紙は捨ててしまいましょう。

 

あなたにはもう必要ありません。

 

おわりに

いかがですか?
あなたが失恋から立ち直れない限り、復縁に向かっての行動も出来ません。
傷ついたということは、それだけあなたが本気で人を愛したということ。
こんなに素晴らしいことはないのです。
辛い、苦しい、悲しい。
こんなに辛い想いをするのなら、この経験を生かしましょう。
復縁するにしろ、新たな恋をするにしろ、前を向いてこそスタートできるのです。

復縁体験談