未練たらたらは復縁を遠ざける

未練たらたらは復縁を遠ざける

別れてから、かつての恋人への想いが募るばかりのあなた。
復縁を望むばかりに、彼の前で未練がましい態度をとってはいませんか?
未練があるのは事実てす。
それはそれでいいのですが、あからさまに態度に現わしてしまうと相手は重く感じてしまうかもしれません。
重く受け取られることは、復縁を成功率を下げてしまいます。

 

復縁を成功させるにために、未練たらたらな態度をとらないこと。
未練がましく暗く落ち込んだ姿を見せるのは逆効果です。

 

では、別れた直後からどのような態度で復縁を目指せばいいのでしょうか。

 

別れてからの態度

 

1.別れた直後

 

別れた直後というのは、別れを告げた方も、告げられた方も「別れた」事実を受け止めている時期です。自分の気持ちの整理をしている時期とも言えます。

 

この時期に連絡をとることは禁物です。

 

気持ちの整理をしている段階なのに、あなたからの連絡がきたら「あの別れはなんだったんだ」と思ってしまうかもしれません。

 

そうは言っても連絡しない時間が不安なのはわかります。
この間に他に好きな人が出来たらどうしよう…
忘れられたらどうしよう…
頭の中には不安の材料が湧き出るのでしょう。

 

しかし、この時期にあなたのことを重たく感じてしまったら、最悪の場合、嫌われて着信拒否されることだってあり得ます。

 

連絡したい気持ちは我慢し、今は時間を待ちましょう。
あなた自身を見つめ直す時間だと考えればいいのです。

 

 

2.別れて一か月

そろそろ連絡を入れてみてもいい時期です。
ただし、連絡してすぐに「復縁」を迫るのは禁物です。
この時期に復縁を切り出しても成功する確率は低いからです。

 

復縁は、もう少し時間が必要です。
相手があなたに対しての抵抗感がなくなってからでないと難しいはず。
別れた事実、別れた後のあなたの存在にも、自然体でいれるまで待ちましょう。
ゆっくりと時間をかけて、二人の距離を縮めていきながら、復縁のチャンスを待つのです。

 

もし、すでに連絡を取って会える関係になっていたとしても、未練たらたらの態度は禁物です。

 

どうしてもあなたの気持ちを伝えたいのであれば
「今でも好きだよ」とサラリと伝える位に留めておきましょう。
未練たらしく「毎日毎日考えて、何も手につかない」と言ってしまったら重たく感じてしまいます。
言葉ひとつで印象は大きく異なります。
相手に負担をかけないサラリ感が大切です。

 

 

3.可能性を探る

自然体で会える関係になったら、しばらくしたら復縁の可能性をさぐってみてください。

 

会話の中で過去のことやお互いのことについての話題が上がった時がチャンスです。

 

「今でも気持ちが残っているの。でも、ゆっくりあなたのことも友達として見られるように努力するよ」などと言ってみるといいでしょう。
遠まわしに「あなたのことを忘れようとしている」と伝えることになります。

 

相手があなたに未練を抱いているとしたら、なんとかしてあなたを繋ぎとめて置きたいと思うはずです。
この時、相手の反応をよく観察しましょう。

 

もし、反応が何もなく相手からのアクションがないようであれば、復縁の可能性はまだまだ低いです。今は時期でないということ。

 

その時には、あなた自身も新たな出会いを探すくらいの気持ちで行きましょう。
復縁だけに捕らわれて時間が過ぎていくより、新たな恋を探したほうが幸せなこともあります。
相手の反応を知るのが怖くて、何年も何年も別れた彼を想い続けている人がいます。

 

それではあなたの時間がもったいないです。
復縁を望むなら、未練を隠しつつ、少しの勇気を持って行動を起こしましよう。

復縁体験談