復縁成功者は「誉め上手」

復縁成功者は「誉め上手」

人間、誉められてイヤな気持ちになる人はいません。
そうと解っているのに、殆どの人が誉めることに対しては受け身で、自分から人を誉める人は少ないものです。
復縁成功者を調査してみると、その多くが「誉め上手」であることがわかりました。
別れた恋人をさり気なく誉めると、あなたのことを見直してくれるかもしれません。

 

 

では、具体的にどのように誉めるのが効果的なのでしょうか。

 

復縁率をアップさせる誉め方

 

1.恋人だったからこそ知っている部分を誉める

「いつもお洒落だね」
「何たべる?」
これらは、誰でもが言える言葉です。

 

かつて恋人だったあなただからからこそ言える言葉を選びましょう。
そこに誉めるをプラスするのです。
これは効果絶大!ぐっと相手の心に響くはずです。

 

例)
「その服見たことないね。どこで買ったの? センスいい」
「あのイタリアンが好きだったよね。行ってみる?」
「食後はコーヒーだったよね?」 等

 

ポイントは明るくさらっと言うことです。
重たく感じないように、さらりと。
それでいて恋人だったからこそ言える言葉で誉めたら、効果テキメンです。

 

 

2.努力をアピールする誉め方

別れてしまった原因の一つにお互いの欠点があるはずです。
例えば時間を守らない、神経質すぎるなど。

 

以前相手にとって鼻についた欠点をあなた自身が改善しようと努力していることをアピールすることも大事です。

 

この時、ただアピールするのでは、わざとらしく感じてしまいます。
さり気なくアピールするには、その時相手を誉めること。

 

例えば「時間を守らない」と指摘されていたのであれば、約束の時間にきちんと到着する。

 

その時にこう言うのです。
「いつも時間に正確だよね。私も最近は遅刻をしないように早目に家を出るようにしている」と。

 

これは、相手を誉めつつ、自分の改善への努力をアピールしています。
相手は努力しようとしているあなたを認めてくれるようになるはずです。

 

誉めることは、相手のことを持ち上げることだけではありません。

 

誉める人自身をも持ち上げることになります。
素直に躊躇せず、誉め上手になりましょう。
復縁の可能性も確実に上がるはずです。

 

 

誉める時のコツは、わざとらしくなく、さり気ないけれどポイントを突く。
いかがですか?
最初は照れ臭いかもしれませんが、是非好感度アップに実行してみてくださいね。

 

復縁体験談