復縁から再び失敗・破局しないための方法

復縁から再び失敗・破局しないための方法

別れた後もなお、相手のことが忘れられない。
別れてから相手の良さや存在の大きさをまざまざと感じた。
恋しくて、やり直したくて望んだ復縁。

 

あなたの想いが伝わり復縁が実ったとしたら、そこでもう安心なのでしょうか?

 

復縁に成功した人のその後を調査すると、そのまま結婚にいくカップルもいれば、再び別れてしまうカップルもいます。
「復縁の成功」とは、ただ単に「よりが戻った」ことを言うのではなく、復縁後も仲良く続く二人でいることだと思います。
再び別れるような結果を招いてしまったとしたら、それは「復縁の成功」とは言えません。
では、本当の意味で復縁を成功させるには、どのようなことに注意していばいいのでしょうか。

 

復縁に成功したカップルから、「復縁成功の秘訣」を聞いてきましたのでご紹介します。

 

 

復縁成功の秘訣

 

1.お試し期間を設けて復縁

一度別れた二人ですから、お互いの良い所も悪い所も解り合っています。
欠点が目について、喧嘩して別れたカップルも多いはず。
それでも二人が再びよりを戻すというのは、、かなりの勇気が必要な人もいるはずです。

 

そんな時におススメするのが「お試し期間」を設けて復縁する方法です。
とりあえず数か月間だけと決めて復縁してみるのです。

 

このお試し期間中で、お互いが「本当に復縁してもいいのか」を見極めていく期間にします。

 

お試し期間を設けることで、ゆっくり相手を観察してから決めることができます。

 

ただ、この方法にはデメリットもあります。

 

お試し期間後に「やっぱり付き合えない」と思った時に、別れた時と同じような辛さを経験することになるかもしれません。

 

別れを告げる側も、告げられる側も、どちらにも勇気が必要だし、再び悲しむ可能性も無いとは言えません。
この事についても二人で事前に話しおくといいでしょう。

 

 

2.プラトニックな復縁

肉体関係をもたないことを前提に復縁してみる方法です。
これは、お互いが心から相手を求めていることを証明する方法の一つでもあります。

 

お互いの内面を尊重し、肉体関係はなくても共にいることで幸せと思えるのは素晴らしい関係です。

 

復縁してすぐに肉体関係をもってしまうと、肉体関係だけの付き合いになってしまうこともあります。
これでは虚しいですよね?

 

心が結ばれたことを確認した上で、はじめて肉体関係を結ぶ。
プラトニックを経て結ばれた時には、幸せを十分に感じることが出来るかもしれません。

 

復縁だからこそ、お互いの本気を試す方法の一つかもしれません。

 

 

3.ルールを決めて復縁

別れの要因にもなった出来ごとに対して、二人で話あってルールを決めてから復縁する方法です。

 

例)

  • メールの返信は一時間以内にすること
  • 異性と二人だけで会わない
  • 毎日連絡を取り合う 等

 

自分たちが揉めた原因を解決できるようなルールを決めておきます。
ルールを守っても復縁したいという気持ちの現れになります。

 

ただし、この方法は最初の内はいいとしても、そのうち束縛されている気持ちになってしまうこともあります。

 

何かにつけて「ルール、ルール」となってしまっては、息苦しく感じてしまうでしょう。
この先ずっとルールに縛られるというのではなく、この方法の場合は期間を設けておくことをおススメします。

復縁体験談