意地を張るのはNG 別れた恋人に素直になる

意地を張るのはNG 別れた恋人に素直になる

別れた恋人とよりを戻す時に、とても大事なことがあります。

 

それは意地を張らないこと。強がらないこと。素直になること。

 

交際していた時には、お互いに強がって意地を張ることもあったでしょう。

 

その結果、素直になれずに喧嘩してしまうことを繰り返していませんでしたか?

 

好きだからこそ「言わなくてもわかって欲しい」と思うかもしれません。
しかし、好きだからこそ「素直に言う」ことは、お互いへの思いやり、愛情でもあります。

 

お互いに腹の探り合いをするような関係では、疲れて気が休まりません。
無駄な意地を張らずに素直になることが復縁を成功に導くキーワードです。

 

どうしても素直になれない…という方に、おススメの方法をご紹介します。

 

実践 素直になるために

 

1.日記をつける

素直になることが苦手な方は、目標を設定します。
例えば、一日1回は必ず素直な自分で誰かと会話する。
お母さんに作ってもらった食事に「おいしかったよ」と言葉をかける。
友達や職場の同僚に「いつもありがとう。いつも助かってるんだ」と言葉をかける。

 

本当に些細なことからでいいのです。
そして、それを日記につけていきましょう。

 

あなたが素直になることで発せられる言葉は、言葉を投げかけられた相手をしあわせな気持ちにします。

 

相手がしあわせな気持ちになると、あなた自身も嬉しい気持ちになっていくことを感じていくでしょう。

 

素直になることで、あなたも相手も温かい気持ちになることを経験したら、素直になることに抵抗がなくなるはずです。

 

これは、恋人と復縁するにも絶対にプラスです。
あなたの好感度を一気にあげるかもしれません。

 

 

2.相手への配慮を忘れない

素直になるというのは、思っていることをなんでもかんでも言葉にしていいということではありません。
例えば、相手の服装が「似合わないな」と思っている時に「それ、変だよ」と言ったら、言われたほうはいい気分がしないでしょう。
「××色の服か似合いそうだね」というように、ポジティブな表現で伝えると印象はかなり違ってきます。

 

素直になるのは、プラス表現で行うこと。
これがポイントです。

 

マイナスに表現していては、素直になった意味がありません。
それは単なる自己主張が強いだけで、反感をかってしまう可能性もあります。
相手の気持ちを配慮する。これが大切なのです。

 

配慮する気持ちを養った上で復縁したら、以前より喧嘩も少なくなるはずです。
意地なんて捨てて、素直に行きましょう。
それは、あなたの人生を楽しくしてくれるはずです。

 

復縁体験談